地域密着型のセナリオの評判を知りたいならコチラ

家を建てるのに適した場所

つみき

住居専用の環境の良い場所

家を建てる時には土地付きの建売住宅を購入する場合を除くと、まず藤沢に土地を探す事になります。土地はそれぞれ住居用、商業用などの用途が決まっているので、住居に向いている場所を選ぶ事が大切になります。住居に向いている場所は低層住居専用地域と呼ばれていて、中でも第一種低層住居専用地域は、住居と住居兼店舗などしか建てられないので住環境が良くお勧めです。この地域には大きな建物が建つことはないので、急に大規模建物が建って騒音や日当たりが悪くなるようなこともありません。第二種低層住居専用地域は第一種の土地と比べると150平米までの小規模な店舗が建てられる場所になっています。最近は藤沢でも環境の良い土地を手に入れるのは難しくなっていますが、住居専用地域を探してみて下さい。

地盤に注意すること

土地選びには用途も大切ですが良い地盤も重要で、何かあった時の被害に大きな差が出るので、役所や不動産会社や近所での情報収集や地盤の調査をしましょう。藤沢で避けるべき場所は軟弱地盤や液状化しやすい場所、埋め立てた土地などです。軟弱地盤は地震がおこると大きく揺れて危険ですし、砂質系の地盤は液状化することがあります。沼や湿田や海岸などの水のある場所を埋め立てている土地は、家が足元から崩壊していくので注意が必要です。このような場所に家を建てるのは避けるのが無難ですが、昨今藤沢には望むような場所が少ないのが現状です。そこで、地盤改良工事を行って土地を強固にしたり、基礎を丈夫なものにしてから家を建てるのが良いでしょう。